電力自由化の基本知識をまとめました

Posted on by

電力自由化は、ある程度の規模以上の企業や組織については、以前からおこなわれていました。その多くが、地域独占の電力会社ではなく、新規参入した電力会社を利用していました。電気料金が安いからです。そして先ごろ、一般家庭の電力の自由化もおこなわれました。電気使用量の多い世帯では、新規参入した電力会社を使ったほうがお得なことが多いようです。電気使用量の少ない世帯では、従来の電力会社を利用していて損はありませんが、ガスや電話、インターネット回線などと一緒に新しい電力会社に申し込むと、総額が安くなることもあります。電力会社の変更手続きは、申し込んだ電力会社が万事やってくれることが多いです。新しい料金プランは続々と登場するでしょうから、頻繁にチェックしておきたいところです。

電力自由化の一般家庭へのメリット

電力自由化の前におこなわれた電話の自由化は、大成功しました。現在、日本の通信費は世界水準よりも安くなっています。長距離電話も国際電話も、自由化前はかなり高額で、おいそれとは使えませんでした。しかし、現在ではさほど気にする必要はないレベルにまで安くなっています。自由化されて落ち着いた料金が、適正価格であると考えられ、適正価格になるのは利用者にとって、たいへん好ましいことです。電力も電話と同じような面があります。電話線も電線もひとつであり、一社独占の状態が長く続きました。このことから、電気料金も通信費と同様に下がっていき、適正価格に落ち着くことが期待されます。電気は、自転車のライトからもわかるように、つくるのは意外に簡単です。電力会社が増え、競争が生まれることで、消費者にメリットがもたらされる可能性は高いでしょう。

スマートメーターの普及への期待

電力の自由化前、一社独占だった電力会社は、電気料金のメーターを毎月一件一件見て回っていましたし、今もほとんどそうですが、電気メーターはスマートメーターというハイテク機器に変わっていくようです。この交換が済んだら、オンラインで、各世帯も電力会社も電気使用量がわかるようになりますので、電力会社の変更もよりスムーズになり、経費節減にもなって、電気料金も全体的に安くなっていくと期待されています。現在、電気使用量の少ない世帯にお得プランがほとんどないのも、検針の手間がかかるからである可能性があります。諸手続きが省略できれば、かける手間の割に電気料金が安いということもなくなり、電気使用量の少ない世帯の獲得競争も生まれるかもしれません。そうなれば、ほとんどの世帯が、自由化のメリットを受けられることになるでしょう。