あなたは興味がある?電力自由化について

Posted on by

電力自由化は、一般世帯についてはまだ始まったばかりですが、一定規模以上の企業や組織については、以前からおこなわれていました。それらの団体の多くは、一般世帯に対して地域独占だった電力会社とは別の電力会社を利用していました。電気料金がかなり安く済むという理由からです。経費を厳しく吟味しがちなこうした団体が、自由に選択できる状況下でおこなっていたことですから、新規参入の電力会社を利用するメリットは大きいと見受けられます。ただ、電気使用量が少ない世帯では、従来の電力会社を利用し続けたほうが、お得な状況となっています。今後、電気使用量が少ない世帯向けの電力会社が新規参入したら、ほとんどの世帯が、電力自由化を身近なものと感じるようになるでしょう。

電力自由化で新たな選択肢ができた

一般世帯が利用する電力会社は、地域ごとにただひとつと決まっていて、電力会社を自由に選ぶということはできませんでした。電力会社を選べるのは、一定規模以上の企業や組織に限られていました。電気は、自転車のライトからもわかるように、比較的簡単に生み出せるものです。一般世帯が利用できる電力会社はひとつであり、地域独占となっていましたが、電気をつくるという活動は容易であるため、多くの企業や団体がおこなっていました。地域独占の電力会社を利用するより安く済むからと、自社発電をしていた企業もありますし、つくり過ぎて余ってよその企業向けに売るところもありました。自由に電力購入先を選べた団体の多くが、地域独占の電力会社を利用せず、他から購入していました。それが一般世帯でも可能になったのが、電力の自由化です。

電気使用量が多い世帯なら変更も

電力が自由化されてまだ間もない現在の段階では、電気使用量が少ない世帯では、従来通りの電力会社を利用していて損はないようです。電気使用量多い世帯だと、新規参入した電力会社を利用したほうがお得になるケースが多いです。また、ガスや電話、それにインターネット回線もまとめて申し込むと、電気料金が割安になる電力会社もあります。セットにして申し込める世帯なら、そうした電力会社に変更することを検討してみてもいいでしょう。インターネットで簡単にシミュレーションできますので、各家庭の諸事情を入力し、変更後の料金を見てみると良いでしょう。それで相当お得となるという結果になったら、その電力会社に申し込むことです。諸手続きは、新たな電力会社がおこなってくれることが多いです。