電力自由化のメリットをもう一度確認しよう

Posted on by

電力自由化は、現段階では電気使用量の多い世帯ほどメリットが大きい状況となっています。電気使用量の少ない世帯では、従来の電力会社をそのまま使い続けても、ほとんどの場合、デメリットはありません。ただし、ガスや電話、インターネット回線などと同時に申し込めれば、電気使用量が少なくても、新規参入した電力会社に変更したほうが、お得となる場合もあります。インターネットで簡単にシミュレーションできますので、その結果を見て判断すると良いでしょう。電力の自由化の前におこなわれた電話の自由化は大成功し、日本の通信費は世界的に見ても安いほうとなっています。電話線も送電線もひとつですから似た面があります。電気料金も電話料金のように、下がっていくことが期待されます。

電気使用量が多いほどメリットがある

電力の自由化のメリットが受けやすいのは、電力使用量が多い世帯です。これまで使っていた地域独占の電力会社から、新規参入した電力会社に変更した方が、電気料金がお得になるケースが多いです。変更手続きが複雑そうだから、と躊躇する例もあるかもれませんが、その心配はいりません。新規に申し込んだ電力会社が万事手続きを代行してくれることが多いです。電気使用量が少ない世帯では、現在のところ、それほどお得なプランというのは出ていませんので、従来の電力会社を使い続けても損はないでしょう。今後に期待したいところです。電気使用量が少なくても、ガスや電話、インターネット回線とまとめて契約することにより、割安となるケースもあります。それはインターネット上でシミュレーションすることで、判断できます。

電力自由化もかつての電話のように

電力自由化の20年ほど前におこなわれた電話の自由化は、大成功でした。電話の自由化がなされたことによって、日本の通信費は、世界的に見ても安いほうとなっています。それ以前は、長距離電話や国際電話をそう頻繁にはかけられなかったものですが、現在では気にするほどの料金ではなくなっています。電力の自由化はまだ始まったばかりで、電気使用量の少ない世帯にはメリットがまだありませんが、今後は電話のように、ほとんどの人がメリットを受けられる状況になっていくことが期待されます。電話も、年月が経つにつれ、さまざまなプランが出て、より利便性も高まり、料金が下がってきた面がありますので、電気料金にも期待したいところです。電話線もひとつでしたし、送電線もひとつです。似た面があるので期待できます。

停電が起きた場合のサポートも行っております。 人件費などの固定費を抑えることでコストを削減しています。 電力会社の切り替えに工事は不要です、詳しくはサイトをご覧ください。 お申し込み後はスマートメーターへの交換を行うだけです。 ハルエネは東京電力・中部電力エリアでご提供しています。 ハルエネへの電力会社変更の手続きはとても簡単です! ハルエネはご提供エリアを拡大しています。 電力自由化でお得にお安く