ロートのコンタクトレンズの特徴を紹介

コンタクトレンズを作っているメーカーは数社ありますが、ロート社と言われると、目薬を想像する人も多くいると思います。しかしロートはもともと薬局として胃薬の販売から始め、日露戦争終結の時代に点眼薬の販売を始め、今のように容器の中に薬が入っていて、そのまま点眼できる滴下式両口点眼瓶という目薬の容器を開発した目薬の老舗といっても過言ではない企業です。もちろん他にも多くの医療分野や健康分野で活躍している企業ですが、やはり目薬と言えば、と言われすぐに思いつく会社名はロートです。そんな目の病気に関する絶大な信頼があるロートから出ているコンタクトレンズは1999年から販売を開始しています。ちなみにコンタクトレンズよりもコンタクトレンズケア用品の商品の販売の方が早く1995年に販売しています。目の健康を考え続けている企業といえます。

ロートのコンタクトレンズの評価

ロートのコンタクトは主に大きく分けて4種類のコンタクトレンズを販売しています。カラーコンタクト、1日ごとに使い捨てる使い捨てコンタクト、50代からの遠近両用コンタクト、そして新素材を使用した高い酸素透過性と優しい付け心地を実現させた2週間交換レンズです。どの商品も目に優しいことが前提となっており、含水率が高く、涙液交換を促すレンズデザインとなっています。目が乾きにくい、疲れにくい、などの高い評価を聞くことが多い商品ですが、一方で、目に対して優しい事を重点にしているためか、滑ってつけにくい、外しにくいという声もあります。また自分には合わないという意見もあるようですが、これはやはり、人に因って合う物合わない物は違ってきますから、一度使って確認をしてみる必要があると思います。

正しい使い方をすることが重要です

どんなに使い心地が良い、丁寧に作られている商品でも、使っている人が乱暴な扱いをしていては元も子もありません。まずは必ず眼科で検診をしてもらい処方をもらってくることが、自分に合うコンタクトを選ぶ第一歩です。カラーコンタクトなどは処方箋が不要ですが、直接眼球に付けるものですから、自分に必要な度数や大きさなどを測ってもらった方がより安全です。また使用方法を守ることも大切です。どんな便利な物でも使用方法を間違えれば大変なことになります。コンタクトレンズをつけっぱなしで数日放置し、コンタクトレンズを外そうとしたところ、網膜が剥がれそうになったなどの怖い話も聞きます。良いものを良い状態で使用してこそ、そのコンタクトレンズとの相性がわかるというものです。横着や慢心は非常に危険です。

普段からコンタクトレンズを使っている人や、初めてコンタクトを使用する人に安心な国内メーカーを取り扱いしています。 厚生労働省により医療機器として承認を得たコンタクトのみ取り扱いしています。 日本国内(離島でも)完全無料でお届けいたします。 年間10万人のお客様がメアシスを利用!驚異のリピート率88%!多くのお客様からご支持をいただいております。 ロートのコンタクトレンズを通販で購入できるのはこちら